Expandmenu Shrunk


  • 暖炉の炎が気軽に楽しめる電機式暖炉

    我が家は、北米系の輸入住宅です。

     

    モデルハウスにあった暖炉に憧れて、輸入住宅を建てることに決めました。

     

    でも、実際に暖炉を作るとなると、我が家のような家が密集するような住宅街では、暖炉の煙が周辺のお宅にいってしまうかも知れないと、思うようになりました。

     

    そこで注目したのが電気式暖炉です。

     

    電気式暖炉とは、コンセントを差し込んでヒーターのような温風で室内を暖める暖房器具のことです。

     

    それでも形はきちんと暖炉のようなデザインをしていて、中を覗くと、リアルに見えるイミテーションの炎がゆらゆらするのを見て、まるで暖炉のような雰囲気を楽しむことが出来るのです。

     

    我が家で使っているのは、カナダの会社が作ったもので、もちろん電気関連の仕様は日本用になっています。

     

    マントルピースのデザインがとても洗練されていて、リビングにドーンと置いてあるだけで、とてもおしゃれだと思います。

     

    実際、お客さまには、よく、本物の暖炉と間違えられるほどです。

     

    電気式であれば、火事の心配も殆どないですし、小さなお子さんがいても安心だと思います。

     

    「どうしても本物の暖炉が欲しいけれど、煙が心配・・・」という方は、薪をしっかり乾燥させると、あまり煙がにおわないと聞いたこともあります。

     

    あの本物の暖炉の薪がパチパチと音を立てる様子は、見ているだけで心の芯から暖まれるような気がして、とても素敵です。

     

    もし別荘を持つなら、今度こそ、本物の暖炉をインテリアとしてもお洒落に作りたいと思います。


  • がん治療は本当に必要なのか

    人類が一番恐れる病気の一つ、がん。

    10年程前までは「告知の有無」が議論になっていた記憶がある。確か、私の父ががん治療で台東区の病院に入院して第1回の抗がん剤治療が終わった時、主治医に呼ばれて今後の治療方法について話し合いました。その時に父は余命2年と宣告され、主治医と家族の話し合いで、母のたっての希望で告知をいなかったのを覚えている。あれから13年、現在ではがん治療の技術進歩を受け、告知を行う事が一般的になっているという。

    しかし、そのがん治療に「ものを申している」医者がいる。

    慶応大学の近藤教授はがん治療は無用であると著書の中でも主張を行っており、一読してみると「なるほど、一理あるなあ」と感じさせられるものがある。

    確かに、身内ががんの宣告を受け、手術をうけなければ余命半年、ただし、手術して取り切れれば助かるかもしれませんと医者から言われたのならば、私も間違いなく手術、そしてがん治療を選択するであろう。

    しかし、体にメスを入れるという事はそれだけで人間の体には大きな負担であり、更には放射線や抗がん剤というがん治療は、がん細胞を殺す為に行うものであるが、正常な細胞も同時に殺してしまうという諸刃の剣の要素がある。

    放射線治療で放射線の影響に苦しむ患者や、抗がん剤の副作用で壮絶に苦しむ患者を描写したドラマや漫画等が数多くあり、最期は痩せこけて健康だった時の面影も全くないまま死を迎える患者が多い現状を見るに、がんはまだまだ不治の病であり、その治療方法もまだまだ開発途上なのだろうとは思う。

    ただし、身内ががんになった時に、果たしてがん治療を行わない方が良いという主張を信じられるかどうかは、その時になってみないとわからないであろう。

     


  • 小顔矯正までにかかる期間

    整体院で小顔矯正を行う時には、何度か定期的に通い施術を受ける必要があります。私は小顔矯正で水戸にある整体院に通っていますので、実体験を紹介しましょう。

     

    大顔になってしまう時、骨格の歪みや老廃物の流れの悪さなどが大きな原因になります。

    この状態は、日々の生活の中で徐々に積み重なってきたものになりますので、何度か施術を行い、その原因を取り除かなくてはいけないのです。

     

    まず整体院で小顔矯正を行う時には、1週間ごとに通い施術を受ける必要があります。

    この期間を守ることにより、少しずつ顔の大きさを矯正することができますよ。

    ただ、面倒になってしまい、整体院に通うことを疎かにしてしまうと、せっかく小さくなりつつあった顔の大きさも元に戻ってしまいますので、必ず指導された日にちを守って通うようにしましょう。

     

    定期的に通って矯正を続けていくうちに、徐々に顔の大きさも安定してくるようになります。

    大きさが安定してきた場合、通う間隔をあけていくことが可能になりますので、忙しい方でも負担なく施術を受けることができるでしょう。

     

     

    このように、小顔矯正は1回の施術で改善することはできませんので、長く通う必要が出てきます。

    この部分を充分理解し、長く通えるように、金銭面で妥当な整体院や家から近く通いやすい整体院を選ぶとよいですよ。


  • 決して楽ではない水道工事の仕事

    生活に欠かせない水まわり、水道がいつも良い状態になっていることで快適な生活が送れます。水道工事は他の人の役に立つとても重要な仕事です。

     

    水道工事といってもいろいろな種類があります。住宅やマンションの配管や水栓金具の取り付け、または大きな公共事業での本管の仕事などもあります。どれもしっかりとした仕事をしないと水漏れが起きる大切な仕事です。

     

    給水管のしっかりとした接着も大切ですが、排水管の排水の勾配をしっかり見ることも大切です。もし、逆勾配になっているなら、水がスムーズに流れないなんてことにもなりかねませんし、溜まった水やごみの臭いの原因ともなります。

     

    水道工事は外での仕事が多く、スコップで土を掘ることも多いです。水道管は土の奥深くに埋まっていますし、埋めなければならないからです。重機が入って、機械で掘れるなら、まだ簡単で早いのですが、そうはいかない狭いところなどはスコップになります。かなりの体力が要りますし、日焼けもしますし、汗をびっしょりかくことも珍しくはありません。

     

    このように外仕事も水道工事は決して楽ではありませんが、人の役に立ち、給料も十分にもらうことのできる立派な仕事ということができます。

     

    http://www.takahashisuidouponpu.jp


  • 社労士になるための勉強方法

    資格を取得するためには、しっかりと考え抜かれた勉強が必要です。

    単に勉強をしただけでは合格できない資格も多いです。

    例えば、国家試験などは、合格率はかなり低いです。

    しかも、優秀な方が目指す存在が社労士です。

    優秀にな方の中でさらに優秀な方が合格するといった試験になります。

    ですので、一般的な何もお考えない勉強では対処しきれません。

     

    そこで注目をしていただきたいのが、社労士の勉強にはまず大まかに二つのタイプがあるというものです。

    独学で行うというものとスクールに通うというものです。

    スクールとは資格の専門学校といった感じのものです。

    どちらにもメリットとデメリットがありますので、自分にとってメリットの大きい方を選択しましょう。

     

    社労士になるためのおすすめな勉強方法を紹介します。

    まず始めての社労士試験に臨む場合には、間違いなくスクールに通ってください。

    スクールでしたら、まんべんなく勉強を教えてくれます。

    どこかが抜けてしまうということもありませんので、安心して対処ができるはずです。

    そして1回目の試験で落ちてしまってえ2回目の試験にかける場合には、独学を選択されても良いです。

    独学の良さは自分の苦手部分を重点的に勉強できる点です。

    スクールに通って一定の知識は付いていると思いますので、

    その上に独学手知識をつけたしていくということになります。

     

    ただ、やはり自分の勉強のしやすい方を選択するのがよいでしょう。

    上記したものが自分に合わないと思ったら、自分なりの勉強法を模索してみてください。

     

    http://www.nishina-roumu.com/


  • 腰痛になったときに整体にいったみた

    いきなり、ある日に腰がいたくなりかがむのもつらいじょうたいになったときがありました。

     

    今まで、腰痛のような状態になったことが一度もなかったので、どうしていいかわからずとりあえず肩こりになったときにいっていた、マッサージにいってみたのですがなんだかきいているのかわからずで病院にもいってみましたが、なかなかよくなりませんでした。

     

    そうこうしているうちに、ブーツまではけないくらいかがめなくなってしまったのでこれではいけないと思って、いろいろ調べていたら「整体」がいいとひっかかり整体にはいったことがなかったのですが、いってみようかと思って、はじめていってみることにしました。

     

    私がいったところは、女性専用の整体で下赤塚にあります。男性にあうわけでもなくまた男性の人がやってもらうといろいろと考えるところがマッサージのときなどはあったのですがここは先生も女性だったので安心していくことができました。

     

    とにかくゆがんでいることを治しましょうといわれて、からだをまっすぐに直すということをしてもらったようなきがします。整体と字のごとくからだを整えるということがこんなに大切なこととは知りませんでした。

     

    なんどか通って、すっかり腰痛もよくなったのでこれからも整体には定期的にかよってからだのメンテナンスをしていきたいなと思っています。


  • 肩こりの原因は頚椎のずれでした

    以前、仕事中にめまいが頻繁にすることに気付いてから、それが段々が酷くなっている気がして脳神経外科を受診したことがあるんですが、その時には頭痛の症状もあったので、もしかして脳の方に異常があったらどうしようと心配していたんですが、結果は頚椎がずれていたことによるものでした。

    そして、その頚椎周囲の筋肉が硬くなってしまっているために、肩こりや首こりが悪化してしまい、頭痛も引き起こす原因となっているということで、頚椎のずれを治す機械で治療していく方針が決まりました。

    そういえば、うちは家族全員がひどい肩こり持ちで、肩こりのため江戸川区の実家では磁気で肩こりを治す湿布のようなものが常に置いてありました。

    その湿布に付いていた磁石を並べたりくっつけたりして子供の頃遊んでいたので(笑)よく覚えています。

    まさか、自分がそれのお世話になる日が来たと思っていませんでしたが、これでは肩こりには遺伝があるのかしらと考えてしまうところです。

    今では大分、頚椎のずれが良くなり、肩こりに悩まされることも減りましたが、姿勢に気を付けていないと再発しやすいので大変です。

    あとは、筋肉が硬くならないように、体操したりしてほぐしてあげるのも肩こり予防には大切だなぁと実感しています。

     


  • 整体療術院の開業は難しくありません

    整体マッサージが受けられる場所と言えばクリニックやリラクゼーションサロンです。クリニックは医療機関ですので、国家資格を所持している方ではないと開業することが出来ません。

    整体マッサージを実施しているクリニックですと整骨院などが一般的ですが、この場合に必要になるのは柔道整復師という資格です。柔道整復師を取得するには専門の学校に通って一定期間学び、その後国家試験に合格しなくてはなりません。その為社会人になってから柔道整復師を取得して独立開業しようと思ってもなかなか難しいのが現実です。

     

    しかしマッサージやリフレクソロジーを主に扱うリラクゼーションサロンの場合、こうした国家資格は不要です。極端な話、全くの素人が整体マッサージの療術院を始めようと思っても開業できるのです。

    もちろん現在個人経営の整体療術院を開業している方たちは、民間のスクールなどに通ってきちんと技術を会得している方ばかりです。しかし裏を返せば民間のスクールに通って理論と実技を身に付ければ、夢の整体療術院を自宅で始めることもできるわけです。

    国家資格なしで始められるということから、最近では主婦が整体を学んでリラクゼーションサロンを開業したり、中年の男性がセミリタイアして整体療術院を始めるケースもあります。

     

    整体マッサージ自体は常に自ら学び成長していく必要のある技術です。生涯にわたって続けられる仕事の一つとして注目されつつある仕事であると言えます。

    http://www.sendai-cosmos.com/


  • バーチャルオフィス 低コスト

    低コストであるバーチャルオフィスとは、建物などをレンタルすることが出来るオフィスを利用することにより、賃料プラス人件費や光熱費なども必要となります。事業を始める前に、初期のセットアップなども利用者が自分で行う必要があります。ですが、このような手間を省き、コストをかけずにオフィスを構えたいと思うと思います。そのように思われている方にはバーチャルオフィスがオススメだと思います。バーチャルオフィスは、オフィスを持たないですが、オフィスを持っているかのようにビジネスの環境を整えることが出来る、低コストのレンタルオフィスになります。通常であるレンタルオフィスより、コストなどでメリットがあるわけではなくて、実際にそのオフィスがあるかのように一等地である住所や電話番号が利用できて、秘書代行のサービスのスタッフが電話の対応や郵便物の受け取りなどをしてくれます。秘書代行サービスがあると利用者が不在のときにでも対応をしてくれるのでありがたいと思います。バーチャルオフィスは契約をしてからすぐに利用することが可能です。事業を始めるにあたり、オフィスを構えたいと思われているのであればバーチャルオフィスを利用してみてはどうですか。私もバーチャルオフィスを横浜で利用しているのですが、横浜のビジネス街の一等地に会社を構えているような私の名刺を実は気に入っているんですよ。


  • 外壁塗装の勧誘がうるさかった

    我が家は築40年以上の一軒家です。

    母が存命中は、母が家全体のことを把握していて、適度にリフォームの度に補修もしていましたから、家はいつも良い状態を保っていました。

    少しずつまだらにボケ始めてからは、私達が色々と考えなければならなかったのですが、後を受け継ぐ娘とも相談して、建て直しを考えていました。

    そんな状態ですから、家の壁にひびが入っても手入れはしていない状況でした。

    7~8年くらい経ってから、玄関の呼び鈴を鳴らして、出ても出なくても「外壁の塗装ですが…」と勧誘の人が度々来るようになりました。

    ひびの入っている塗装が新しくない家を探して来るようです。

    「近くで仕事中でお宅が気になって」と言うのが決まり文句です。

    「ひびが入った壁から雨水が沁み込んで、大変なことになりますから、今のうちに」と言うのも皆同じです。

    もう、あまりに多すぎて、終いには面倒くさくなり「建て替えを考えていますから…」と断るようになりました。

    一番効き目のある断り方のようです。

    そうこうしている内に、台風で屋根が壊れ、自然災害保険で修理代が下りることになり、頼んだ業者さんが、少し足した分で屋根に近い正面部分の外壁も塗装してくれましたから、目立つ部分は綺麗になりました。

    正面が綺麗になっただけでも効果は抜群で、勧誘はそれからはきていません。

    外壁塗装は長崎の我が家を建ててくれた工務店にいつかお金を貯めてお願いしようと思っています。